山口組抗争に部外者が乱入 始まった“電波系ヤクザ”の暴走

公開日:  更新日:

 6代目山口組と神戸山口組の対立抗争が思わぬ方向に向かおうとしている。12日は長野県上田市の神戸山口組系事務所に拳銃が撃ち込まれ、11日は兵庫県淡路市にある神戸山口組の本部事務所に乗用車が突っ込んだ。“本丸”への車両特攻で両団体に一時緊張が走ったが、神戸側は組員に対し、報復措置の禁止を命じているという。

「神戸側が即反撃に出なかったのは、6代目側にひるんだからではありません。本部事務所に突っ込み、器物損壊の疑いで逮捕された吉原弘志容疑者の素性を知り、拍子抜けしたそうです。吉原容疑者は一応ヤクザですが、山口組とは別団体の所属です。淡路市の本部事務所の場所すら分からず、通りすがりの一般人に道を聞いていた。しかも、直前に車と一緒に“自撮り”撮影までしている。SNSにアップして目立とうとしたのが犯行動機だったようです」(捜査関係者)

 これこそが警察と双方の山口組トップが恐れていた事態だったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る