ポッカサッポロ國廣喜和武社長<1> 横国大「3浪しました」

公開日:  更新日:

「神奈川県立希望ケ丘高校に入学したころ、東大紛争があり東大の入試が中止されました。大学紛争は高校にも飛び火し、高校紛争も始まりました。自分たちも、通信簿をなくし、制服をなくしました。高校のすべての自治を生徒が担おうとしたのです」

 2014年1月1日付でポッカサッポロフード&ビバレッジの社長に就任した國廣喜和武は、1953年8月、逗子市で生まれている。その後、大和市、横浜市と転居。かつて県立一中、県立一高と呼ばれた名門、希望ケ丘高校には、兄も姉も通っていた。

「私はノンポリでした。でも、お調子者ではあった」

 旅行委員会の委員となり、学年集会で修学旅行の企画を諮る。今までを否定し、新しい流れをつくろうとした。毎年同じ場所ではなく、生徒が行きたいところに行く。

「ただし、バスを手配しなければならず、最低40人のロットでした。40人集まれば、どこに行っても許される。結局、京都、山陽、山陰と、3コースに分かれてしまい、悲しかった。修学旅行がバラバラだったのだから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る