女性に嫌われたヒラリー 敗因は“夫隠し”と“パンツスーツ”

公開日:

 米大統領選で敗北した民主党のヒラリー・クリントン氏(69)は、女性の社会進出を阻む「ガラスの壁」の打破を掲げていた。ところが、肝心の女性たちは、クリントン氏の訴えにそれほど共感しなかったらしい。

 米CNNテレビの出口調査によると、白人女性の53%がトランプ氏に投票していたという。

 トランプ氏は、女性蔑視発言が物議を醸した男性だ。ワンマン経営者で、2度の離婚歴がある肉食系。マンガになりそうなぐらい男っぽい。そんな相手に対しても、女性からの支持でリードを奪えないのだから、えらく嫌われたものである。

 女性の活躍推進が叫ばれる日本では、今後、女性管理職が増える見込みだ。だが、クリントン氏のように女性から嫌われるタイプを管理職に据えれば、組織はガタガタになりかねない。いったいなぜ、クリントン氏は女性に嫌われたのか。どこに嫌われる要素があったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

もっと見る