検察と綱引き 韓国・朴大統領が“必死の命乞い”シナリオ

公開日:

 “女ラスプーチン”崔順実容疑者の国政介入疑惑をめぐり、韓国の朴槿恵大統領と検察の綱引きが続いている。ヤマは今週末の19日だ。この日に崔は起訴される見通し。そのため、検察は16日中に朴の聴取を終えたいとしているが、朴大統領は先延ばしを画策。19日を乗り越えれば危機から抜け出せると計算しているらしい。延命シナリオは通用するのか。

 朴大統領は4日に出した2回目の謝罪談話で「検察の真相究明に最大限協力する。必要なら自らへの捜査にも誠実に臨む覚悟だ」と表明。涙を浮かべて誠実さをアピールしたが、土壇場で手のひら返し。14日に弁護人に選任された柳栄夏弁護士は15日、準備不足を理由に「物理的に不可能」と拒否。「大統領への調査は書面が原則」などと主張し、なんとか対面聴取から逃れようとしている。

 コリア・レポート編集長の辺真一氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る