淑女か猛女か メリル・ストリープがヒラリーを演じる日

公開日: 更新日:

 さすが、アカデミー賞常連の大女優はリップサービスも一流である。

 第29回東京国際映画祭のオープニングを飾る主演作「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」(12月1日公開)を引っ提げ、来日したメリル・ストリープ(67)。24日に行われた会見では「キャストやスタッフなど多忙な人ばかりで、暇な私がやって来ました」。国内外合わせて200人の報道陣を前に冒頭から笑いを誘ったのだった。

 今作は、米NY社交界の富豪夫人、フローレンス・フォスター・ジェンキンスの波瀾万丈な生涯を描いた実話モノだ。これまでも実在した人物を多数演じてきたが、今年6月にNYで行われたイベントでは、ドナルド・トランプ氏とうり二つのいでたちで登場。3度目のアカデミー主演賞はトランプで受賞!? と称えられるほど高い完成度で話題をさらった。

 それを受け、「今度はヒラリー・クリントンを演じて欲しい」といったリクエストが記者から向けられると、ヒラリー支持者のメリルは「大変光栄です。でも、それをやるには時間がかかる。彼女が成し遂げるのは未来のことだから」とニッコリ。

 メリル版ヒラリーは果たして淑女か猛女か楽しみである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  6. 6

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る