淑女か猛女か メリル・ストリープがヒラリーを演じる日

公開日:  更新日:

 さすが、アカデミー賞常連の大女優はリップサービスも一流である。

 第29回東京国際映画祭のオープニングを飾る主演作「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」(12月1日公開)を引っ提げ、来日したメリル・ストリープ(67)。24日に行われた会見では「キャストやスタッフなど多忙な人ばかりで、暇な私がやって来ました」。国内外合わせて200人の報道陣を前に冒頭から笑いを誘ったのだった。

 今作は、米NY社交界の富豪夫人、フローレンス・フォスター・ジェンキンスの波瀾万丈な生涯を描いた実話モノだ。これまでも実在した人物を多数演じてきたが、今年6月にNYで行われたイベントでは、ドナルド・トランプ氏とうり二つのいでたちで登場。3度目のアカデミー主演賞はトランプで受賞!? と称えられるほど高い完成度で話題をさらった。

 それを受け、「今度はヒラリー・クリントンを演じて欲しい」といったリクエストが記者から向けられると、ヒラリー支持者のメリルは「大変光栄です。でも、それをやるには時間がかかる。彼女が成し遂げるのは未来のことだから」とニッコリ。

 メリル版ヒラリーは果たして淑女か猛女か楽しみである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る