淑女か猛女か メリル・ストリープがヒラリーを演じる日

公開日: 更新日:

 さすが、アカデミー賞常連の大女優はリップサービスも一流である。

 第29回東京国際映画祭のオープニングを飾る主演作「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」(12月1日公開)を引っ提げ、来日したメリル・ストリープ(67)。24日に行われた会見では「キャストやスタッフなど多忙な人ばかりで、暇な私がやって来ました」。国内外合わせて200人の報道陣を前に冒頭から笑いを誘ったのだった。

 今作は、米NY社交界の富豪夫人、フローレンス・フォスター・ジェンキンスの波瀾万丈な生涯を描いた実話モノだ。これまでも実在した人物を多数演じてきたが、今年6月にNYで行われたイベントでは、ドナルド・トランプ氏とうり二つのいでたちで登場。3度目のアカデミー主演賞はトランプで受賞!? と称えられるほど高い完成度で話題をさらった。

 それを受け、「今度はヒラリー・クリントンを演じて欲しい」といったリクエストが記者から向けられると、ヒラリー支持者のメリルは「大変光栄です。でも、それをやるには時間がかかる。彼女が成し遂げるのは未来のことだから」とニッコリ。

 メリル版ヒラリーは果たして淑女か猛女か楽しみである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る