反トランプが擁立 4年後はミシェル・オバマ夫人が出馬か

公開日:

 まさかのトランプ勝利に、アメリカは大揺れだ。全米各地に抗議デモが広がる異常事態になっている。

 トランプ勝利に絶望したアメリカ国民の間で、なんと「ミシェル夫人待望論」が巻き起こっている。次回2020年の大統領選は、ミシェル夫人を擁立し、トランプ大統領を打倒するというのだ。すでにツイッターには「ミシェル2020」のハッシュタグが登場し、「ミシェル、助けて、あなただけが私たちの希望だ」「4年後、初の黒人女性大統領を誕生させよう」といった書き込みが殺到している。

 もともと、ミシェル夫人の人気は高く、「ピュー・リサーチ・センター」の8月調査によると、ミシェル夫人の好感度は64%と、ヒラリー(39%)やトランプ(32%)を凌駕している。どうやら、庶民性とバツグンのスピーチ力が人気の理由のようだ。外交評論家の小山貴氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る