デキレース臭ぷんぷん…「小池塾」都議選対策講座の狙い

公開日: 更新日:

 小池都知事が主宰する政治塾「希望の塾」に新たな動きだ。パッとしない座学続きで受講生からは「ボッタクリ」「詐欺」などと非難ゴウゴウだったが、来夏の都議選(定数127)の候補者選考を兼ねた「都議選対策講座」を開設。約3400人の塾生の中から希望者を対象に1月7日に筆記試験を実施し、200人程度を選抜するという。

「当初、講座を開いていた帝京平成大学(東京・池袋)で、SPI(適性検査)などの筆記と論文試験を検討しているようです」(都政関係者)

「都議選対策講座」は1月下旬から5回開き、希望の塾とは別に3万円を徴収。受講生の中から候補者候補をさらに絞り込んでいくという。

 もっとも、政治塾が輩出した政治家は賛否両論。橋下徹前大阪市長が主導した「維新政治塾」や、河村たかし名古屋市長が率いた「河村たかし政治塾」がそうだ。維新塾出身の上西小百合衆院議員は国会をサボって秘書と温泉旅行。橋下にお灸を据えられると、逆ギレする始末だった。河村塾出身者も名古屋市議になったものの、政務調査費の不正受給など不祥事を連発。河村派議員は最盛期の28人が12人まで減っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る