まずは“七人の侍”分断 都議自民「小池新党」切り崩し工作

公開日: 更新日:

 16日、小池都知事は2020年東京五輪のバレーボール会場について、「横浜アリーナ」の活用を断念し、「有明アリーナ」を新設する方針を表明した。小池知事が見直そうとした3会場全て当初の計画通りとなり、「全敗」を指摘する声も上がっている。

 この機に乗じて“ドン”こと内田茂都議(77)が率いる都議会自民党が小池知事に一泡吹かせようと動き始めた。まずは都連の方針に反したとして除名処分にした“7人の区議”を切り崩そうと、工作を図ろうとしているという。

 今月6日、東京都連に除名処分にされた直後、豊島区議5人は区議会自民党会派から離脱し新会派「都民ファーストの会豊島区議団」を結成。ところが、7人のうち練馬区議2人は自民党会派にとどまる。

「豊島区議5人は3期以上のベテラン中心ですが、練馬区議の尾島紘平氏は28歳で1期目。村松一希区議も2期目で35歳とまだ若い。小池新党が不発に終わり、2年半後の統一地方選を『無所属』で戦うことになれば、後援会組織が固まりきっていない彼らにとっては厳しい選挙になる。自民党の親しい仲間に将来を心配されて心が揺れているようです」(都政関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  3. 3

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    “キュン”の達人 星野源×綾野剛ドラマは「恋つづ」超えるか

  9. 9

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  10. 10

    シューズの神様・三村仁司氏「必要なのは“厚底”ではない」

もっと見る