まずは“七人の侍”分断 都議自民「小池新党」切り崩し工作

公開日:

 16日、小池都知事は2020年東京五輪のバレーボール会場について、「横浜アリーナ」の活用を断念し、「有明アリーナ」を新設する方針を表明した。小池知事が見直そうとした3会場全て当初の計画通りとなり、「全敗」を指摘する声も上がっている。

 この機に乗じて“ドン”こと内田茂都議(77)が率いる都議会自民党が小池知事に一泡吹かせようと動き始めた。まずは都連の方針に反したとして除名処分にした“7人の区議”を切り崩そうと、工作を図ろうとしているという。

 今月6日、東京都連に除名処分にされた直後、豊島区議5人は区議会自民党会派から離脱し新会派「都民ファーストの会豊島区議団」を結成。ところが、7人のうち練馬区議2人は自民党会派にとどまる。

「豊島区議5人は3期以上のベテラン中心ですが、練馬区議の尾島紘平氏は28歳で1期目。村松一希区議も2期目で35歳とまだ若い。小池新党が不発に終わり、2年半後の統一地方選を『無所属』で戦うことになれば、後援会組織が固まりきっていない彼らにとっては厳しい選挙になる。自民党の親しい仲間に将来を心配されて心が揺れているようです」(都政関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る