• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豊洲にトランプタワー? 33年前に「東京進出」狙っていた

 トランプ米大統領は「東京進出」をもくろんでる!?――。2月10日に決まった日米首脳会談。「第2の黒船来航」とささやかれているトランプは、安倍首相に対して強烈な「米国第一主義」を迫るとみられている。今や世界中がその言動を注視しているトランプだが、さかのぼること33年前、独占インタビューに成功していたのが、ジャーナリスト・太刀川正樹氏だった。

 インタビュー記事が掲載されていたのは1984年1月の「PENTHOUSE日本版」。トランプは当時、37歳。不動産業界の「帝王」と呼ばれ、NYに68階建てのトランプタワーを建てたばかり。そのトランプタワー26階のオフィスで面会した太刀川氏に対し、トランプは自信マンマンでこう答えていた。

〈ほかのだれよりもすばらしい事業をしてきた。私はまだ37歳。10年間のビジネス経験しかありませんが、50年もビジネスをやっていたって、私ほどの成功をおさめる人はいないでしょう〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る