豊洲にトランプタワー? 33年前に「東京進出」狙っていた

公開日:

 トランプ米大統領は「東京進出」をもくろんでる!?――。2月10日に決まった日米首脳会談。「第2の黒船来航」とささやかれているトランプは、安倍首相に対して強烈な「米国第一主義」を迫るとみられている。今や世界中がその言動を注視しているトランプだが、さかのぼること33年前、独占インタビューに成功していたのが、ジャーナリスト・太刀川正樹氏だった。

 インタビュー記事が掲載されていたのは1984年1月の「PENTHOUSE日本版」。トランプは当時、37歳。不動産業界の「帝王」と呼ばれ、NYに68階建てのトランプタワーを建てたばかり。そのトランプタワー26階のオフィスで面会した太刀川氏に対し、トランプは自信マンマンでこう答えていた。

〈ほかのだれよりもすばらしい事業をしてきた。私はまだ37歳。10年間のビジネス経験しかありませんが、50年もビジネスをやっていたって、私ほどの成功をおさめる人はいないでしょう〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る