電話会談1時間 トランプ大統領がメキシコとの関係修復へ

公開日: 更新日:

 トランプ大統領とメキシコのペニャニエト大統領が27日に電話会談したことが明らかになった。

 両大統領は、「国境の壁」を巡ってツイッタ―で応酬。31日に予定されていた首脳会談も中止された。両国の関係悪化が懸念されるなか、電撃的な電話会談が実現したことになる。電話会談は約1時間にわたった。

 トランプは会見で、「とても友好的な電話だった」「私たちは公平で新しい関係に向けて取り組む」と話したが、北米自由貿易協定(NAFTA)については、米国の雇用を奪っているという立場を崩さず、再交渉する考えを強調。「今後、数カ月の間に交渉し、結論を得たい」と表明した。

 さらに、「米国はメキシコに対して600億ドル(約6兆9000億円)の貿易赤字を抱えている。国境が弱いために麻薬が流入している」とも訴えた。

 国境の壁に関しては、建設費用を巡る「公の議論は控える」ことで合意したという。水面下ではこれまで通りトランプ節が炸裂ということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る