日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

すでに別荘売却…巨額賠償を阻む石原氏の“終活”相続対策

 小池百合子都知事(64)にはスケベ心を抱いている余裕はない。石原慎太郎元都知事(84)との直接対決にメラメラしていたはずが、先週の定例会見ではクールダウン。熱望していた公開ヒアリングの日程を聞かれても、「急に元気になったり弱気になったりする。今後もどんな波があるか分からないので見守っていきたい」と、慎太郎氏をクサしながらも明言を避けた。

 住民訴訟への対応も、ノラリクラリ。豊洲の用地購入を巡って、約40人の都民が都に対し、慎太郎氏に最大578億円の賠償請求を求めている裁判のことで、先月末に小池知事はいきなり方針転換。「慎太郎氏に賠償責任なし」とした従来の都の対応を見直すと表明し、弁護団を組み直したが――。

「新たな弁護団は9日の口頭弁論で、当初は『4月初旬』と予定していた次回の日程を『5月31日』に延ばしました。今から3カ月以上も間隔をあけるなんて、理解に苦しみます」(原告のひとり)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事