日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安倍首相「昭恵喚問」を拒否 松井知事は「いつでも出る」

 安倍晋三首相は24日午前の参院予算委員会で「森友学園」の問題をめぐり、夫人の昭恵氏の証人喚問に応じない考えを表明した。昭恵氏について「不正や刑事罰に関わることをやっていないのに証人喚問に出ろというのはおかしな話だ」。寄付100万円については「密室でのやりとりなど反証できないことを並べ立て、事実と反することが述べられた」と反論し、「国有地売却や学校認可について、私も妻も、また事務所も全く関与していないことは明確に申し上げたい」と語った。

 籠池氏の妻が昭恵氏から口止めされたとの指摘については「悪意に満ちたものだ」と強く批判した。

 昭恵氏付きの政府職員が財務省に照会したことを示すファクスについては「事務的な問い合わせで依頼や働き掛け、不当な圧力では全くない」と指摘した。

 一方、籠池氏から「はしごを外された」と名指しされた松井一郎大阪府知事はきょう、国会の証人喚問について「(呼ばれれば)いつでも行く」と明言。この問題で府議会に百条委員会を設置する案に「国の方々にも来ていただく形でやればいい」と語った。

 売却交渉時に財務省理財局長だった迫田英典国税庁長官、近畿財務局長だった武内良樹財務省国際局長も招致されたが、「理財局長当時、報告を受けたことはない。政治的配慮をするべくもなかった」(迫田氏)、「政治的配慮は一切していない」(武内氏)と関与を否定した

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事