安倍首相「昭恵喚問」を拒否 松井知事は「いつでも出る」

公開日: 更新日:

 安倍晋三首相は24日午前の参院予算委員会で「森友学園」の問題をめぐり、夫人の昭恵氏の証人喚問に応じない考えを表明した。昭恵氏について「不正や刑事罰に関わることをやっていないのに証人喚問に出ろというのはおかしな話だ」。寄付100万円については「密室でのやりとりなど反証できないことを並べ立て、事実と反することが述べられた」と反論し、「国有地売却や学校認可について、私も妻も、また事務所も全く関与していないことは明確に申し上げたい」と語った。

 籠池氏の妻が昭恵氏から口止めされたとの指摘については「悪意に満ちたものだ」と強く批判した。

 昭恵氏付きの政府職員が財務省に照会したことを示すファクスについては「事務的な問い合わせで依頼や働き掛け、不当な圧力では全くない」と指摘した。

 一方、籠池氏から「はしごを外された」と名指しされた松井一郎大阪府知事はきょう、国会の証人喚問について「(呼ばれれば)いつでも行く」と明言。この問題で府議会に百条委員会を設置する案に「国の方々にも来ていただく形でやればいい」と語った。

 売却交渉時に財務省理財局長だった迫田英典国税庁長官、近畿財務局長だった武内良樹財務省国際局長も招致されたが、「理財局長当時、報告を受けたことはない。政治的配慮をするべくもなかった」(迫田氏)、「政治的配慮は一切していない」(武内氏)と関与を否定した

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  8. 8

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る