• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世耕経産相赤っ恥 露が北方領土に住宅大量建設の深謀遠慮

 北方領土でまた、おかしな動きだ。

 ロシア極東サハリンの住宅担保融資局が択捉、国後、色丹を含む4島での住宅建設を表明。すでに土地を確保し、5~6月に着手して約600戸を建てる計画だという。無利子ローンで購入可能の大盤振る舞い。ロシアの実効支配がますます強まり、ただでさえ無理筋の領土交渉が一層ややこしくなるのは確実だ。

 ロシア経済分野協力相を兼務する世耕経産相は先週末、札幌で「北方4島はインフラもモノもなく、人もいない」などと講演。これにカチンときたわけではないだろうが、今月27日にモスクワ入りして日ロ首脳会談を予定している安倍首相にしてみれば、いい面の皮だ。プーチン大統領はどういうつもりなのか。昨年末の訪日の手土産だった共同経済活動に向けた協議が始まったばかり。さらなる支援を引き出そうと、得意の揺さぶりをかけているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る