【南多摩】女性歌手と前市長挑む 6選狙う自民の組織と金

公開日: 更新日:

 現職の石川は選挙区の稲城市長を5期20年務めた実績を持つ。前回は旧維新公認で当選。議席独占を狙う斎藤とキャラはかぶらない。都職員の天下り禁止や、多摩ニュータウンの建て替えなどを訴える。

■大量ポスターに厳しい締めつけ

 石川はライバルの小礒陣営の変化を語る。

「前回は私のポスターを張らせてくれた建設関係者も今回は『勘弁してくれ』と断ってきます。組織の締め付けの激しさを感じますね」

 小礒は4月から駅頭の朝立ちを重ね、SNSでの情報発信にも力を入れる。

 5月最終日曜日も聖蹟桜ケ丘で街頭演説。応援弁士の国会議員は「区長や市長、各地域の町内会や商店街の会長の顔も知らない人たちに議会を握らせていいのか」と、ポッと出の都民ファースト候補を暗に批判したが、小礒本人は攻撃を控えた。ただ、最後は小池のお株を奪って見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  4. 4

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  8. 8

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  9. 9

    海外メディア酷評 豊洲市場に外国人観光客が早くもソッポ

  10. 10

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る