日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今井絵理子の次は? 噂の芸能人に出馬の意思を聞いてみた

「政治は希望だと思います」――。元SPEEDの今井絵理子(32)は9日の会見でこう語った。この夏の参院選に自民党比例代表候補として出馬することを正式発表。今井は長男に聴覚障害があることでも知られる。

 突然の出馬にビックリだが、こうなると次に誰が立候補するか分からない。すでに候補者として多くの名が取り沙汰されている。女性で自民党が食指を動かしているといわれるのが菊川怜(37)。東大工学部出身の学歴と美貌を誇る。選挙のために今年3月に「とくダネ!」を降板するとの情報も流れた。菊池桃子(47)は「1億総活躍国民会議」の民間議員を務め、長女に障害があることを明かしたことから、立候補の可能性が高いとみられている。

 このほか松下奈緒(31)は安倍首相の側近の元公設秘書と親戚関係のため出馬の可能性ありと囁かれている。「お・も・て・な・し」の滝川クリステル(38)や、赤十字広報特使などを務めた藤原紀香(44)、フリアナウンサーの安藤優子(57)、女子サッカー元日本代表の沢穂希(37)などの名前も挙がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事