闇市場で流出か…北朝鮮「ICBM急成長」にウクライナの影

公開日: 更新日:

 今年4月まで弾道ミサイルの発射実験に4回連続で失敗していた北朝鮮は、5月以降、5回連続で実験に成功。最近までICBMの完成は3年先とみられていたのに、急速に技術を進展させた。その「立役者」はウクライナだったようだ。

 先週、英国際戦略問題研究所(IISS)のマイケル・エルマン専任研究員が、北朝鮮のICBM「火星14」には旧ソ連製のロケットエンジン「RD250」の改良型が使われている可能性が高いとする分析結果を発表。「RD250」の製造に携わっていたのはウクライナの国営企業で、過去2年以内にウクライナから闇市場を通じて北朝鮮に流れた可能性があると指摘している。

「恐らくエルマン氏の分析通りでしょう。旧ソ連時代、ウクライナはICBMや装甲車などの兵器を製造する軍事産業の集積地でした。技術力には定評があり、ソ連崩壊後も兵器製造を主要産業とし、ロシアを大口の取引先にしてきました。ところが、3年前のクリミア侵攻でロシアとウクライナの間に対立が勃発。得意先のロシアに兵器が売れなくなってしまったことで、ウクライナの兵器と優秀な技術者が闇市場を通じ北朝鮮に流れたと考えてもおかしくありません」(軍事ジャーナリストの世良光弘氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る