弾劾より現実的 「トランプ更迭」合法クーデターの奥の手

公開日:

 米国のトランプ政権がいよいよ機能不全に陥ってきた。

 白人至上主義を擁護したと受け取られる対応で、米国ではトランプ批判がやまないが、トランプは17日にも、南北戦争で奴隷制存続を訴えた南軍の記念碑撤去の動きを「愚かだ」とツイート。火に油を注いでいる。

 経済人を集めた助言機関2つが辞任ドミノで解散に追い込まれただけでなく、別の助言機関の設立も断念せざるを得なくなった。経済政策の司令塔を担うコーン国家経済会議(NEC)委員長の辞任観測まで浮上。コーン氏は元ゴールドマン・サックス幹部で、トランプの人種差別を否定しない態度に激怒したとされる。

 2週間前に就任したばかりのケリー首席補佐官も困惑しているというし、そもそもトランプは北朝鮮危機をめぐっても、冷静なマティス国防長官やティラーソン国務長官と温度差がある。要するに、政権内部のトランプに対する不満は爆発寸前なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る