外貨獲得の最後の手段 北朝鮮が「核輸出」の最悪シナリオ

公開日:

「全面的な経済封鎖で国家と人民を窒息させる行為だ」――。国連安保理が北朝鮮への制裁決議を全会一致で採択したことに、北朝鮮が猛反発している。

 制裁の中身は骨抜きになったとはいえ、主要産品の繊維製品の輸出が全面禁止となったことで、外貨収入の3分の1を失うだけに、やはり打撃が大きいのだろう。そこで懸念されているのが、外貨獲得のために北朝鮮が「核兵器」の輸出に手を染めることだ。核兵器が世界中に拡散する最悪の事態になりかねない。

 6回目の核実験を強行した翌日、北朝鮮の労働新聞は「水爆実験は完全に成功した」と宣伝。さらに金正恩は核実験の当日、「水爆は100%国産化された」「今後、強力な核兵器を思い通りに製造できるようになる」と宣言している。北朝鮮は核を15個程度保有しているとみられている。もし、本当に「100%国産」に成功したなら、輸出に踏み切ってもおかしくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る