日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平壌訪問のアントニオ猪木氏 金正恩側近の李前外相と会談

 北朝鮮の朝鮮中央通信によると、アントニオ猪木参院議員(無所属)が8日、平壌で前外相の李洙ヨン朝鮮労働党副委員長と会談した。緊張が続く状況下だが、大物要人とちゃんと会えた格好だ。同通信は、「朝日友好親善協会顧問の李洙ヨン党副委員長が猪木参議院議員ら一行と面会した」と短く報じた。

 李副委員長は、金正恩朝鮮労働党委員長がスイス留学時代、同国大使として後見役を務めた側近。朝鮮労働党の国際部門を統括する。会談内容は不明だが、北朝鮮の核ミサイル問題や日本人拉致問題について議論した可能性がある。

 猪木氏は9日の北朝鮮の建国記念日に合わせ招待を受け、7日に平壌入りした。11日まで滞在する予定。同氏は昨年9月にも訪朝しており、訪朝は32回目になる。安倍政権は冷ややかに見ているが、北との対話に向けた行動をとるのは猪木氏だけ。帰国後、記者会見をする予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事