大阪の繁華街に 旅客機「部品落下」の原因は整備士不足か

公開日:

 あわや大惨事だった。

 23日に関西空港を離陸したKLMオランダ航空868便の機体からパネルが落下した事故。縦107センチ、横110センチ、重さ4・3キロの物体が大阪市北区の繁華街のクルマを直撃した。屋根がへこみ、窓ガラスが割れたが、乗っていた女性らにケガはなかった。もし人間に直接ぶつかっていたら即死してもおかしくなかった。まさに不幸中の幸いだが、実は旅客機の部品落下は頻繁に起きている。

 国土交通省の記録によると、2009年4月~16年10月までに航空会社から受けた部品落下の報告は全437件。国交省は「これまで死亡事故は起きていない」と説明するが、平均すると年に57件も落下が起きていることになる。しかもこれはあくまでも国内の航空会社からの報告にすぎない。海外の航空会社の落下を加えるとかなりの数になりそうだ。何が原因なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る