• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大阪の繁華街に 旅客機「部品落下」の原因は整備士不足か

 あわや大惨事だった。

 23日に関西空港を離陸したKLMオランダ航空868便の機体からパネルが落下した事故。縦107センチ、横110センチ、重さ4・3キロの物体が大阪市北区の繁華街のクルマを直撃した。屋根がへこみ、窓ガラスが割れたが、乗っていた女性らにケガはなかった。もし人間に直接ぶつかっていたら即死してもおかしくなかった。まさに不幸中の幸いだが、実は旅客機の部品落下は頻繁に起きている。

 国土交通省の記録によると、2009年4月~16年10月までに航空会社から受けた部品落下の報告は全437件。国交省は「これまで死亡事故は起きていない」と説明するが、平均すると年に57件も落下が起きていることになる。しかもこれはあくまでも国内の航空会社からの報告にすぎない。海外の航空会社の落下を加えるとかなりの数になりそうだ。何が原因なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る