大阪の繁華街に 旅客機「部品落下」の原因は整備士不足か

公開日:

 あわや大惨事だった。

 23日に関西空港を離陸したKLMオランダ航空868便の機体からパネルが落下した事故。縦107センチ、横110センチ、重さ4・3キロの物体が大阪市北区の繁華街のクルマを直撃した。屋根がへこみ、窓ガラスが割れたが、乗っていた女性らにケガはなかった。もし人間に直接ぶつかっていたら即死してもおかしくなかった。まさに不幸中の幸いだが、実は旅客機の部品落下は頻繁に起きている。

 国土交通省の記録によると、2009年4月~16年10月までに航空会社から受けた部品落下の報告は全437件。国交省は「これまで死亡事故は起きていない」と説明するが、平均すると年に57件も落下が起きていることになる。しかもこれはあくまでも国内の航空会社からの報告にすぎない。海外の航空会社の落下を加えるとかなりの数になりそうだ。何が原因なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る