大阪の繁華街に 旅客機「部品落下」の原因は整備士不足か

公開日: 更新日:

 あわや大惨事だった。

 23日に関西空港を離陸したKLMオランダ航空868便の機体からパネルが落下した事故。縦107センチ、横110センチ、重さ4・3キロの物体が大阪市北区の繁華街のクルマを直撃した。屋根がへこみ、窓ガラスが割れたが、乗っていた女性らにケガはなかった。もし人間に直接ぶつかっていたら即死してもおかしくなかった。まさに不幸中の幸いだが、実は旅客機の部品落下は頻繁に起きている。

 国土交通省の記録によると、2009年4月~16年10月までに航空会社から受けた部品落下の報告は全437件。国交省は「これまで死亡事故は起きていない」と説明するが、平均すると年に57件も落下が起きていることになる。しかもこれはあくまでも国内の航空会社からの報告にすぎない。海外の航空会社の落下を加えるとかなりの数になりそうだ。何が原因なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る