「このハゲ―!」豊田真由子氏はわずか1分で”落選確実”

公開日: 更新日:

 投票を締め切った午後8時すぎ、いきなり「当選確実」ならぬ「落選確実」を報じたテレビ局もあった。

 埼玉4区の豊田真由子氏(43=無所属)はその約1時間半後、軽自動車に乗って事務所に姿を現した。

 が、3~4人のスタッフが写真を撮らせまいとガードしたため、報道陣にもみくちゃにされていた。

 事務所に集まったのは女性数人だけで、豊田氏は涙を流しながら「私の力不足」と敗戦の弁。今後については「未定」と、力なく語った。

 元秘書に対する「このハゲェーー!」騒動のあおりで、自民は7月の都議選で惨敗。関係者が「あいつだけは落とす」と息巻き、県議や市議、後援会からも見放された、まさに「天国から地獄」の戦いだった。

 連日駅頭に立って有権者に頭を下げる一方で、「多くのハゲましの言葉をいただいております」などと強がっていたが、そう甘くはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る