希望の共同代表に玉木雄一郎議員 課題は路線対立の克服

公開日: 更新日:

 希望の党の初めての共同代表選挙が10日午前に行われ、玉木雄一郎衆院議員(48)が当選した。大串博志衆院議員(52)との一騎打ちを制した。玉木氏は週明けにも新執行部を発足させる。

 衆院選敗北を受けた党勢回復と、共同代表選で深刻化した安全保障関連法などをめぐる路線対立の克服が大きな課題となる。

 共同代表選は、東京都内で開かれた両院議員総会で、国会議員による無記名投票で実施された。結果は玉木氏39票、大串氏14票だった。

 共同代表は衆参両院計53人の議員団を率い、国政と距離を置く姿勢を示す小池百合子代表に代わり、事実上の党首となる。任期は2020年9月まで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  5. 5

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  6. 6

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  10. 10

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る