米はSLBM完成断固阻止 北朝鮮“レッドライン”越えのXデー

公開日: 更新日:

 4日、米韓両軍は韓国で史上最大規模の合同軍事訓練「ビジラント・エース」を始めた。米軍は最新鋭ステルス戦闘機F35やEA18G電子戦機も投入。8日までの間に米韓両軍で230機余りが参加する。うち約75機は在日米軍基地から飛び立つ。

 11月29日に新型ICBM(大陸間弾道ミサイル)を発射するなど挑発を再開させた北朝鮮に、ミサイル発射前の先制攻撃やソウルを狙う砲撃部隊に能力を見せつけ威嚇する狙いだ。

 これに北朝鮮は「挑発には無慈悲な報復が伴うことを肝に銘じるべきだ」と反発。緊張が高まる中、米国が米本土に届くICBM以上に警戒しているのが、北が来年末の建造を目指すSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)「北極星3」だ。

「ロシアの技術支援もあり、北の潜水艦技術はレベルが高い。来年末には飛距離3000キロクラスで核弾頭を搭載できるSLBMを完成させる可能性が高まっています。米国はICBMよりはるかにSLBMを恐れている。北が完成度の高いSLBMを持つと、米国といえども、北への先制攻撃ができなくなるからです」(元韓国国防省分析官で拓殖大客員研究員・高永テツ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る