• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

消えない傷あと 福島移住の柳美里氏が触れた被災者の思い

  ――当時は首都圏にいらっしゃった。

 住んでいた鎌倉から福島の浜通りへ向かいました。その後、GWに岩手、宮城、福島の沿岸部を再訪し、7月には南相馬市鹿島区の北郷本陣で開催された野馬追を見ました。その際に知り合った臨時災害放送局のディレクター今野聡さんに出演を依頼され、2012年元日に原町のココスで打ち合わせをし、翌月の2月から週1回放送の「ふたりとひとり」という番組の収録がスタートしたんです。

 でも交通費・宿泊費・出演料、全てナシだったので、鎌倉から南相馬の往復は経済的にも時間的にも厳しくなっていって。それで息子の高校進学を機に、一家で引っ越しを決意したというわけです。

  ――4月21日は、警戒区域に設定された20キロ圏内にいたわけですが、放射能は心配になりませんでしたか。

 放射能の問題があったことは承知していましたが、リスクと行動をてんびんにかけることはしませんでした。私の母の故郷が福島県南会津郡只見町で、私は幼い頃に何度か只見に行っています。只見ではいくつもの集落がダムに沈んでいて、母はダムを見ながら「ここには悲しみが沈んでいる」と言っていた。その言葉が蘇って、「警戒区域」として閉ざされる前に見ておかなければという気持ちのほうが強かったですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る