「目に見えない復興」が課題 武内宏之氏が語る被災地の今

公開日:

 3・11から間もなく7年。東北の被災地の復興は本当に進んでいるのだろうか――。あの日、津波で印刷施設が水浸しになりながらも、新聞を出し続けることにこだわった宮城県のローカル紙・石巻日日新聞は、手書きの「壁新聞」を作り、輪転機が復活するまでの6日間、避難所に張り出した。大災害の中でジャーナリズムを貫いたその姿勢は世界で評価され、国際新聞編集者協会特別賞を受賞、ワシントンDCの博物館にその壁新聞は展示されている。陣頭指揮した当時の報道部長の武内宏之氏を訪ね、被災地の今を率直に語ってもらった。

■ショッピングモールでベンチに一日座るお年寄り

  ――壁新聞を出したあの日のことは今も鮮明ですよね。

 壁新聞は評価していただいてとてもうれしいのですが、現場には、あれしかやれなかったという悔しさもありましたね。普通に新聞を発行できていればもっと情報も伝えられたと。ただ、地域に密着したローカリズムの精神は、そのあともずっとあります。若い社員たちが引き継いでいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る