検察審査会は市民感覚で判断 佐川氏「逆転起訴」の可能性

公開日: 更新日:

 国民の感覚とは丸っきりズレた判断だ。大阪地検特捜部が虚偽公文書作成容疑で告発された財務省の佐川宣寿前国税庁長官らを不起訴とする方針を固めた。国有地8億円値引きの背任容疑についても、財務省近畿財務局の担当者らの立件を見送る方向だという。

 不起訴の場合、告発した市民団体などは即座に検察審査会に審査を申し立てるようだが、一般市民から選ばれる検察審査員たちは、どう判断するのか。逆転起訴の可能性について、元検事の落合洋司弁護士に聞いた。

「法の専門家は容疑の構成要件にこだわりがちですが、検察審査会は市民感覚で判断します。報道によると、大阪地検は改ざん文書が契約の趣旨や内容など根幹部分に大きな変更がなく、文書に虚偽の記載を付け足したわけでもない。よって『虚偽』にあたらず立件は困難と判断したようですが、何しろ約300カ所も改ざんされたのです。安倍昭恵首相夫人の言動など重要な交渉経過の背景が、ごっそり抜け落ちてもいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  6. 6

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  9. 9

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  10. 10

    大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る