財務省大甘処分 虚偽答弁の佐川氏“停職相当”で退職金減額

公開日: 更新日:

 森友学園への国有地売却をめぐる決裁文書改ざん問題で、財務省は週明けの4日に関係者への処分を発表し、国会に報告する。

 財務省が改ざんの発端とする虚偽の国会答弁を行った佐川宣寿前理財局長については、改ざんを黙認したものの、懲戒処分のうち最も重い「免職」は見送り、「停職」とする方針という。佐川氏はすでに退職したため、処分は「停職相当」となり、処分相当額を退職金から減額する方針だ。

 改ざんを直接指示したのは当時の国会対応の担当課長だったとして、停職処分にする。

 麻生財務相は閣僚給与を返納し、続投。31日、成田空港で「極めて由々しきこと」と仏頂面でコメントを読み上げ、カナダで開催されるG7財務相・中央銀行総裁会議に向けて機中の人となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る