金子勝
著者のコラム一覧
金子勝慶応義塾大学経済学部教授

1952年6月、東京都生まれ。東京大学経済学部卒業。東京大学大学院 博士課程単位取得修了。 法政大学経済学部教授を経て。2000年10月より現職。TBS「サンデーモーニング」、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」などにレギュラー出演中。『資本主義の克服 「共有論」で社会を変える』集英社新書(2015年3月)など著書多数。新聞、雑誌にも多数寄稿している。

異次元の金融緩和から5年…地方の金融機関が壊れ始めた

公開日:

 異次元の金融緩和も実施から5年が経ち、いよいよ副作用の懸念が強まってきた。

 先日、金融庁が、昨年の決算を踏まえて「福島銀行」と「島根銀行」に業務改善命令を出した。業績が悪化したためだ。いまや、どこの銀行も、日銀が導入したマイナス金利のために従来のビジネスモデルが成り立たなくなっている。利ザヤを稼げなくなっているのだ。

 メガバンクは、AIの導入による効率化を名目に大規模なリストラを実施すると発表しているが、実際はマイナス金利によって収益が低下していることが大きい。

 異次元緩和の副作用が、より深刻なのは地銀や信金、信組だ。すでに赤字が表面化している。収益を求めてシェアハウスの個人オーナーに貸し付けをしていた「スルガ銀行」は、データを改竄していた。そもそも、地域の金融機関は、地域経済が衰退しているため貸付先も少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る