再注目の猪瀬元都知事に細野豪志氏の“5000万円疑惑”を直撃

公開日:

 あの人は今、どう思っているのか。細野豪志衆院議員の5000万円の借入金問題でガ然、注目を集めているのが、猪瀬直樹元東京都知事だろう。

 都知事選前の2012年11月、医療法人徳洲会グループから5000万円を受け取り、政治資金収支報告書や資産報告書に記載せず、問題が発覚すると、個人的な借り入れと主張して資産報告書を訂正。都議会の議場で、札束に見立てた箱を汗だくになってカバンの中に押し込む姿は傍聴者の失笑を買った。結局、猿芝居もむなしく、猪瀬氏は東京地検特捜部に公選法違反罪で略式起訴されてしまうのだが、自分と全く同じケースの細野氏に対して、何を思うのか。本人を直撃した。

 ――細野さんの件をどう思うか。

 知らないよ(怒)。

 ――(猪瀬氏と)同じ状況ですが。

 だから、その話は新聞報道でしか知らない。答えようがないよ。(ブツッ・ツー・ツー)

 何だか、ご立腹の様子。てっきり、いつもの“猪瀬節”で、「オレと同じだ。早く捕まえろ!」と言うのを期待したのだが……。まさか、細野氏は猪瀬氏に相談している? なんてコトはないと思うが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る