• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

細野元環境相 5000万円借り入れで公選法違反の疑いが浮上

 まさに“猪瀬ワイロ事件”を彷彿とさせる。

 細野豪志元環境相が昨年10月の衆院選の期間中、東京都内の証券会社から5000万円を受け取っていた―――と27日の朝日新聞が報じた。記事によると、証券取引等監視委員会が、この証券会社の親会社である自然エネルギー開発会社の資金調達や使途を調査中、細野氏に対する5000万円の資金提供が判明。今年3月に証券会社に説明を求めたという。すると、細野氏は翌4月になって「なし」としていた資産報告書の借入金を5000万円に訂正し、資金を返却したという。

 朝日新聞が入手した証券会社の文書などによると、細野氏の事務所から昨年10月13日ごろまでに、「政治活動を支援する目的で」貸し付けの依頼があり、同19日に5000万円を提供したとの記述があったという。仮に5000万円が選挙資金であれば、借入金であっても公職選挙法に基づき収支報告書による報告義務がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る