細野元環境相 5000万円借り入れで公選法違反の疑いが浮上

公開日:  更新日:

 まさに“猪瀬ワイロ事件”を彷彿とさせる。

 細野豪志元環境相が昨年10月の衆院選の期間中、東京都内の証券会社から5000万円を受け取っていた―――と27日の朝日新聞が報じた。記事によると、証券取引等監視委員会が、この証券会社の親会社である自然エネルギー開発会社の資金調達や使途を調査中、細野氏に対する5000万円の資金提供が判明。今年3月に証券会社に説明を求めたという。すると、細野氏は翌4月になって「なし」としていた資産報告書の借入金を5000万円に訂正し、資金を返却したという。

 朝日新聞が入手した証券会社の文書などによると、細野氏の事務所から昨年10月13日ごろまでに、「政治活動を支援する目的で」貸し付けの依頼があり、同19日に5000万円を提供したとの記述があったという。仮に5000万円が選挙資金であれば、借入金であっても公職選挙法に基づき収支報告書による報告義務がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る