日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

公開日: 更新日:

 今年1年、不祥事に揺れた日本大学。年の暮れまでスキャンダルが続いている。

 文部科学省が実施している医学部入試の緊急調査で、不適切な入試を行っていると指摘を受けた日大医学部は、12日、東京都板橋区の医学部キャンパスで会見を開いた。高山忠利医学部長はふてくされた様子で「ボーダーラインの学生を上げているので、学力的には担保されている」と呆れた言い訳を展開するなど、謝罪会見とは思えない内容だった。

 高山学部長らは、医学部同窓会から毎年、受験する卒業生の子女20人ほどが載ったリストを渡され、追加合格が必要となった場合、そこから優先して合格者を出していたという。2016~18年の3年間で、不正に入学した子女は計18人。

 驚くのは、日大医学部の不正入試は他の医大とは、やり口がまったく違うことだ。これまで不正入試問題が発覚した東京医科大や順天堂大学は、「男女」や「浪人」といった属性に基づいて無差別に調整をしていたが、日大医学部は“特定の受験生”を恣意的に合格させている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る