室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

見ず知らずの嫌煙家さん、憎けりゃ心の中でそっと呪えよ

公開日: 更新日:

「アイコスなんて爆発すればいい。吸っている奴らの歯が吹っ飛べばいいのさ」(ある嫌煙家の言葉)

 2月の24日、日本禁煙推進医師歯科医師連盟という団体の学術総会が開かれた。その前日にも記念シンポジウムや講演、懇談会が行われたそうだ。で、前出の言葉は、その〈千葉から創る『タバコゼロ社会』〉という会に来ていた方の発言らしい。そう3月14日号の週刊新潮に書かれてあった。

 タバコゼロ社会を心から目指している団体の集会であっても、ここまでいう?

 怖ぇ。彼らの言い分からしたら、アイコスと普通のタバコを兼用しているあたしなんて、どんな風にいわれてしまうの?

 アイコスで、「爆発して歯が吹っ飛べ」といわれるくらいなんだから、「死ねばいいのに」といわれるならまだマシで「殺してやる」となるんじゃないか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  9. 9

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る