室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

温かい風が終始頭の中に吹いている男だからしょうがない?

公開日: 更新日:

~前略~やはり「温かい風」は「首相の頭の中」にしか吹いていなかった。妄想の世界から抜け出して現実を見よ。~後略~(志位和夫・共産党委員長)

 これは志位さんが7日、Twitterにあげた言葉。〈増税は中止せよ!〉とつづく。

 首相は年頭に、「景気回復の温かい風が日本列島津々浦々に届き始める中」と述べた。

 けど現実は、〈国内景気 すでに後退局面の可能性 景気動向指数3か月連続悪化〉だった。そのことに対しての嫌味だな。

 このTwitterを読んで、安倍さんが米国のトランプ大統領やロシアのプーチン大統領と、自分は仲良しと信じきっているのも、中国や韓国や北朝鮮なんて簡単にいてこませると思ってるのも、

(だからですね)


 と理解した。温かい風が始終頭の中に吹いている男なんだから、しょうがあるまい。この国には、安倍さんのそうしたお人柄が好きという人もいるわけで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る