新元号案は6案すべてが判明 「令和」考案者は中西進氏

公開日: 更新日:

 政府が「元号に関する懇談会」などに提示した新元号の6つの原案の中に「令和」のほか、「英弘(えいこう)」「久化(きゅうか)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」の5案が含まれていたことが分かった。6案のうち半数の典拠は、日本書紀、古事記、万葉集の国書だった。

 新元号の考案を巡っては、政府が二松学舎大元学長の石川忠久氏(86=中国文学)に正式委嘱していたことも判明。石川氏は「和貴」「万和」「光風」など10以上の候補を挙げたという。

 また、学習院大元学長の小倉芳彦氏(92=中国古代史)や東大名誉教授の池田温氏(87=東洋史学)らも委嘱されたとみられている。

 新元号「令和」の考案者について、政府は「本人が秘匿を希望している」などとして氏名を公表していないが、考案者は大阪女子大名誉教授の中西進氏(89)と複数のメディアが報じた。政府関係者への取材で明らかになったとしている。中西氏は東大出身で、1970年に「万葉集の研究」などで日本学士院賞を受賞。2013年には文化勲章を受章した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  4. 4

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  5. 5

    海外メディア酷評 豊洲市場に外国人観光客が早くもソッポ

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  10. 10

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る