お騒がせ英議会…EU離脱延期決まった途端11日間の休暇入り

公開日: 更新日:

 欧州連合(EU)離脱でお騒がせの英国議会が11日、イースター(復活祭)に合わせた11日間の休会期間に入り、EU各国だけでなく英国民までア然とさせている。

 離脱期限を10月末まで再延期すると決めたEUのトゥスク大統領が同日未明、記者会見で「英国はこの時間を無駄にしないでほしい」と呼び掛けた直後、英下院のアンドレア・レッドソム院内総務が「皆さん、くつろいだ休暇を。ハッピー・イースター」と休暇入りを宣言。

 これにはツイッターで「トゥスク大統領の発言から数時間しか経っていないのに」と驚く声や「危機のさなかに、恥を知れ」などと怒りの声が上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  8. 8

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

もっと見る