安倍政権マッ青 最高機密詰まる墜落F35Aで日米中ロ争奪戦

公開日: 更新日:

 青森県沖で墜落した空自のF35A戦闘機の機体回収の行方に対し、世界の軍関係者の注目が集まっている。

 回収作業は11日も、日米で捜索が続けられた。日米の航空機や艦船に加え、米軍は3000キロも離れたグアムから大型爆撃機B52も投入する異例の事態となっている。現在のところ、墜落したとみられる海域で破片が見つかっただけ。大部分の機体や操縦士は見つかっていない。

 日米がこれだけ大掛かりな回収作業を行っているのにはワケがある。最先端の軍事技術が使われているというステルス戦闘機だけに、墜落機が中国やロシアなどの他国に回収されたら大変な事態になるからだ。

 例えば、F35は秘密裏に敵の情報を集め、後方の航空機や艦船などに情報を送る役割を担っている。ネットワークの要である搭載ソフトは最高レベルの機密事項だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  8. 7

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  9. 8

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  10. 9

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  11. 10

    チャンミン結婚へ 東方神起とJYJにみる韓国芸能界の光と影

もっと見る