安倍首相の日朝会談“無条件”に北は「入国禁止」解除を要求

公開日: 更新日:

 安倍首相が突然言いだした「無条件での日朝会談」について、北朝鮮が「実現のためには、日本がまず人的往来を認めるべきだ」との意向を持っていることが分かった。8日の東京新聞が報じた。

 日本政府は2006年10月、北朝鮮による初の核実験を受け、独自制裁で北朝鮮籍の人物の入国を原則禁止。14年7月には北朝鮮が拉致問題調査委員会を設置したことで解除したが、16年2月の弾道ミサイル発射を機に再び入国禁止とした。

 こうした制裁の解除が本格的な日朝交渉の条件と示した形だ。北朝鮮関係筋はさらに「安倍首相は無条件とは言うが、拉致問題をどう扱うのか」と疑問を示しつつも、「来年には東京五輪も控えている」と指摘。入国禁止を早急に解除するべきだと訴えたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  3. 3

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  8. 8

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  9. 9

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  10. 10

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る