米中貿易戦争再燃 安倍首相が世界恐慌の引き金を引くのか

公開日: 更新日:

「ブラックフライデー」が現実となるのか――。トランプ米大統領が5日のツイッターで、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆2000億円)分に対する追加関税率を10日(金)に10%から25%に引き上げ、残るすべての輸入品にもすみやかに制裁を科すと宣言した。「まもなく妥結か」と楽観論が広がっていた米中貿易協議は一転して決裂の可能性も出てきた。

〈遅過ぎる。ダメだ〉

 官民一体で成長を目指す中国の産業補助金政策が市場を歪めているとして、不満を示していたトランプ大統領。怒りの全面制裁のツイートに対し、中国はすぐに猛反発。8日から予定されていたワシントンでの閣僚級協議の中止も辞さない構えだ。

 株式市場はただちに反応した。6日のアジア市場は、上海で一時6・5%超も急落するなど軒並み下落。ニューヨーク市場のダウ平均終値は一時、471ドル安の場面もあったが、前週末比66ドル安の2万6438ドルで取引を終えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る