保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

軍官僚の手柄のための戦争 勲章のための大本営発表だった

公開日: 更新日:
沈没してゆく「三隅」(C)共同通信社

 ガダルカナルの戦いは、太平洋戦争の開始から8カ月ほど後のことだった。日本軍はすでにこの段階で、アメリカ軍との物量の差を見せつけられていた。従って3年8カ月にわたって続いたこの戦争の残り3年は、ひとつひとつの戦争がより手酷い打撃を受けるといった状態だったのである。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る