五輪中の首都高「一律1000円上乗せ」IOC責任者が“待った”

公開日: 更新日:

 2020東京五輪・パラリンピックの準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会のジョン・コーツ委員長が、国や東京都などが渋滞対策として検討している首都高速道路の料金上乗せについて慎重な協議を求めていることが分かった。23日の毎日新聞が報じた。

 国や都、大会組織委員会は、選手や関係者の移動に使われる首都高の混雑緩和のため、五輪期間中、中央環状線とその内側の区間を対象に、物流車両を除く一般車両について車種を問わず一律1000円を上乗せすることを検討している。

 これに対してコーツ委員長は「料金上乗せ以外の方法もある。まずは一般の人々に迷惑をかけない方法を検討すべきだ」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る