球団タイ33試合連続出塁 巨人坂本「三塁で東京五輪」浮上

公開日: 更新日:

 巨人坂本勇人(30)が、8日のDeNA戦の第4打席に右前へ適時打を放ち、開幕から33試合連続出塁を達成。長嶋茂雄を抜いて1977年の王貞治の球団記録に並んだ。

 打率.336、12本塁打はともにリーグトップ。「今年は後ろに丸がいるし、いい形でつなげられるように出塁率にこだわりたい」と話していた出塁率も・424で同4位と好成績を残している。

 あるセの投手は「今年は後ろに丸がいるから、坂本は塁に出したくないと、力んでしまう」と漏らす。今季の坂本勇は出塁率同様、長打にもこだわり、「強くコンタクトする」をテーマに、体勢を崩すほどフルスイングする場面が目立つ。

 昨季39発を放った丸がFAで加入した影響を受けているともっぱらだ。今季は場面によって「つなぐ」「決める」を使い分けている。これは丸のスタイルでもあり、相乗効果は大きいようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る