「キム・ソングム」と名乗り特殊部隊員と夫婦偽装で工作か

公開日: 更新日:

【ケース⑦】石川・遠山文子さん(21)

 活発な性格の遠山文子さん(失踪当時21)は高校を卒業後、東京都内の大手建設会社で働いていた。同じ職場の男性T氏と半同棲生活を送る一方、両親に黙って退職。T氏と北海道など全国各地を旅行し、石川県羽昨市の海水浴場で消息を絶った。1973年7月下旬のことだった。

 遠山さんを目撃したのは、秘密警察の国家保衛部要員C氏だ。93年6月、内部調査(検閲)のため日本海に面する咸鏡北道の清津連絡所に赴くと、C氏の歓心を買うため幹部が日本人女性を呼んだ。いわゆる接待係を務めたのが遠山さんだった。「キム・ソングム」と名乗り、5日間の滞在中、3度も食事や酒を共にしたという。政府認定拉致被害者の松本京子さん(同29)が目撃されたのも、この清津連絡所だ。以下はC氏の証言。

 ★

 共和国では女性や軍人は、男性(または上官)が食事に手を付けるまで箸を動かさない。ところが、あの女性は自分からどんどん箸を伸ばしていたから、ちょっとおかしな日本人だと思った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る