問題山積G20サミット 安倍首相が“制御不能”で大波乱の予兆

公開日: 更新日:

「議長国として、力強いリーダーシップを発揮していきます」――。月末開催の大阪G20サミットに向け、こう意気込んでいる安倍首相。7月の参院選を前に“外交の安倍”を猛アピールする思惑だが、国際情勢はとてつもなくキナ臭くなっている。国際会議の議長国として参加国を“おもてなし”する安倍首相にとって、波乱含みの展開になりそうだ。

 G20は、G7後に行われるのが慣例だ。ところが、安倍政権は参院選対策の見せ場として利用するため、8月開催予定のG7議長国のマクロン大統領に拝み倒し、G20前倒しにこぎつけた。

 世界のリーダーと肩を並べて“やってる感”を演出しようとしているわけだが、そうは問屋が卸さない。G20は問題山積だ。そのひとつが、米国とイランの対立である。

 トランプ米大統領はイランに対する軍事攻撃を一時承認していたと認めている。イランが米国の無人偵察機を撃墜したことに対し、米国はイランのレーダーシステムやミサイル関連施設への限定攻撃を計画していたが、攻撃開始10分前に中止を決めたと自身のツイッターで明らかにした。米政権内ではボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)やポンペオ国務長官、ハスペルCIA長官が攻撃に賛成していたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    G岩隈 ようやく二軍の実戦初登板でも“来季現役続行”のワケ

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  7. 7

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  8. 8

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る