【千葉】桜田ショック余波 自民「2人当選」に黄信号ともる

公開日: 更新日:

【千葉】(改選数3)

○○石井 準一61自現
△○豊田 俊郎66自現
○○長浜 博行60立現
▲ 浅野 史子48共新

「よろしくお願いします」――。

 6月27日、京成線八千代台駅前。梅雨晴れの蒸し暑さが漂い、多くの通勤客が行き交う中で、朝6時半からビラを配り続けていたのは立憲の長浜だった。額には汗をにじませている。

 長浜は昨秋、国民民主から除籍処分を受け、立憲に移籍。選挙戦に向けて両党でしこりを残すかと思われたが、特段のゴタゴタは起きなかったという。

「もともと衆院議員だった長浜さんは候補者調整による参院への鞍替えを受け入れるなど、苦労を味わってきた人ですからね。敵をつくらないタイプで、『長浜さんなら』と支持者らの結束も固い」(県政関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

  7. 7

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  8. 8

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る