枝野発言が逆効果に 河野外相に9月改造“逆転留任”の可能性

公開日: 更新日:

 9月に予定されている内閣改造。今ごろ、河野外相はニンマリしているのではないか。留任の可能性が高まっているからだ。理由は、立憲民主党の枝野代表の“河野批判”だ。

 枝野代表は28日、ラジオ番組でこう発言した。

<いわゆる「上から目線」、とくに河野外相の対応は韓国を追い込んだ。責任は大きい。これ外務大臣、代えるしかないですね。外交ですから、相手の顔も一定程度、立てないとできないのに、あまりにも顔に泥を塗るようなことばかり、河野さんはやり過ぎですね>

 実際、河野外相は、「よりよい解決策を」と切り出した韓国の駐日大使を「無礼だ!」と怒鳴りつけるなど、傲慢な態度で韓国の自尊心を傷つけている。最低限の礼を失した外相のままでは、日韓対立の解消は難しい。枝野代表の指摘通りだ。

 もともと河野外相は、9月の内閣改造では閣外に去るとみられていた。ところが、枝野発言によって留任する可能性が高まっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る