枝野代表「外相交代」の正論も“上から目線”の五十歩百歩

公開日: 更新日:

 無礼外交で最悪の日韓関係に拍車を掛けている河野外相の評判が散々だ。28日、ラジオ日本の番組に出演した立憲民主党の枝野代表は、こう酷評した。

「ここに至る過程で、韓国大統領からは少し妥協の余地のあるようなことがあったにもかかわらず、いわゆる『上から目線』、特に河野太郎外相の対応は韓国を追い込んだ。責任は大きい。これ、外務大臣、代えるしかないですね」

 全く正論だ。河野氏は27日の会見でも韓国を刺激。元徴用工訴訟の韓国大法院判決は1965年の日韓請求権協定違反だとする日本政府の立場を念頭に、「韓国が歴史を書き換えたいと考えているならば、そんなことはできないと知る必要がある」と批判し、韓国側のさらなる反発を招いている。

 しかし、「上から目線」は枝野氏にも当てはまるんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  9. 9

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る