枝野代表「外相交代」の正論も“上から目線”の五十歩百歩

公開日: 更新日:

 無礼外交で最悪の日韓関係に拍車を掛けている河野外相の評判が散々だ。28日、ラジオ日本の番組に出演した立憲民主党の枝野代表は、こう酷評した。

「ここに至る過程で、韓国大統領からは少し妥協の余地のあるようなことがあったにもかかわらず、いわゆる『上から目線』、特に河野太郎外相の対応は韓国を追い込んだ。責任は大きい。これ、外務大臣、代えるしかないですね」

 全く正論だ。河野氏は27日の会見でも韓国を刺激。元徴用工訴訟の韓国大法院判決は1965年の日韓請求権協定違反だとする日本政府の立場を念頭に、「韓国が歴史を書き換えたいと考えているならば、そんなことはできないと知る必要がある」と批判し、韓国側のさらなる反発を招いている。

 しかし、「上から目線」は枝野氏にも当てはまるんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る