ヤジで排除…警察強権化の背後に“安倍政権のヒムラー”の影

公開日: 更新日:

「(演説会場で)大声を出すことは権利として保障されているとは言えないのではないか」。埼玉県知事選で応援演説中の柴山文科相に対し、ヤジを飛ばした慶大生が県警に取り押さえられた問題。柴山文科相は27日の会見で、警察対応に問題はなかった――との見方を示したが、とんでもない。ちょっと大声を出しただけで警察権力が一般市民をふん縛るなんて、戦前・戦中の特高警察さながらの世の中に逆戻りだ。

  ◇  ◇  ◇

 問題は、同様の“事件”が最近、全国各地で頻繁に起きていることだ。参院選でも、北海道札幌市や滋賀県大津市で、それぞれ応援演説中の安倍首相にヤジを飛ばした市民らが警官に排除された。

「最近の警察組織が強権的になったといわれている背景に、1月に警察庁警備局長に就いた大石吉彦氏の存在がささやかれています。大石さんは第2次安倍政権の発足と同時に警備課長から首相秘書官となり、安倍首相と食事やゴルフを重ねてきた。森友問題では、2015年9月に安倍首相が国会途中に大阪に出張した“謎の行動”が注目されましたが、この時、同行していたのが大石さんで、佐川元国税庁長官が国会答弁した時も背後にピタリとへばりついて答弁をチェックしていた」(司法ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る