小泉進次郎大臣の「セクシー発言」がスベった根本的な原因

公開日: 更新日:

「気候変動問題への取り組みは、楽しく、カッコよく、そしてセクシーであるべきだ」

 小泉進次郎大臣が国連の環境関連の会合でこう発言し、多くの日本人の度肝を抜いた。セクシーは、エロチックな要素を含む表現だというイメージがある。それを国際舞台で使ったのだ。昔だったらPTAあたりに猛烈に抗議されそうなものだが、専門家によると、ワード自体に問題はないらしい。

 英語発音コンサルタントの明場由美子さんは、「セクシーは“成熟したすてきな大人”という意味で褒めるときにも使われる言葉です。進次郎大臣の使い方も、相手に不快感を与えるものではありませんでした」と言う。「セクシーに取り組もう」という言い方は、ネーティブの人たちからすれば、必ずしもギョッとする表現ではないようだ。

「それに映像を見ると、進次郎大臣の前に、隣に座った国連気候変動枠組条約の前事務局長、クリスティアナ・フィゲレス氏が“セクシー”という言葉を使っています。進次郎大臣は、それにかぶせてわざと使った。つまり、受けを狙ったのだと思います。それが全然受けなかったことの方が、実はセクシーよりも問題だと思います」(明場由美子さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る