ドミノ辞任の集中審議 今村元復興相“読書と居眠り”の唖然

公開日: 更新日:

 呆れてモノが言えないとはこのことだ。

 6日開かれた衆院予算委の集中審議。菅原前経産相と河井前法相が公選法違反疑惑でドミノ辞任したことについての安倍首相の任命責任と、大学入学共通テストの英語民間試験が延期になった一件が主要テーマだった。いずれも国民の怒りが沸騰の大問題なのだが、自民党は緊張感ゼロ。質問に立った坂本哲志議員は「2人は見識、人物ともに信頼できる方で適任だった」とヨイショしたのだから、世論の感覚からズレまくっている。

 さらに唖然だったのは、その坂本氏の質問中、同じ自民の今村雅弘元復興相が読書にいそしんでいたことだ。NHK中継にバッチリ映ったその手元を見ると、本のタイトルは「人に話したくなる世界史」(文春新書)。内容紹介によれば、〈教科書には載っていない、目からウロコの世界史講義〉とある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る