今村前復興相 政治資金で高級たまご“爆買い”のデタラメ

公開日: 更新日:

 東日本大震災は「まだ東北だったからよかった」――ヒジョーシキなのは暴言だけじゃなかった。安倍首相に事実上「更迭」された今村雅弘前復興相(70)。政治資金の使い方も常識から逸脱していた。

 本紙は、今村氏が代表を務める資金管理団体「鉄輪21・政策研究会」の1件1万円以下の支出に関わる「少額領収書の写し」(2015年分)を入手。中身を精査すると、とにかく「高級たまご」を“爆買い”していた。

 15年8月28日付の領収書には、東京・赤坂の「赤坂うまや うちのたまご直売所」で〈たまご6個〉を12パック、5040円で購入したと記されている。他の日も、しょっちゅう同店でたまごを買いまくり、支出は全て交際費などに関わる「組織活動費」として処理されている。

 同店は名物「たまごかけごはん」など、食事が楽しめる飲食店で、別途、パック入りの生たまごも購入できる。1パック6個入りで420円と少々値が張るのは、産卵した親鶏が福岡県飯塚市にあるストレスのない環境を整えた養鶏場で飼育されているからだ。「すごく濃厚で、スーパーのたまごとは全然違う」(常連客)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る